余った灯油の捨て方は?少量の場合に気をつけたい5つの注意点!

スポンサーリンク

灯油というと日本では冬に欠かせない資源の1つですよね?

ガソリンと同じように生活していく上で灯油がないと困ります。

石油ストーブやファンヒーターなど、特に冬使う物に多く使われています。

いざ冬が終わってから春を迎えると、灯油も必要でなくなるもの・・・。

灯油が少量余っている時の捨て方はどうすればいいの?

排水溝に流していい?川に流していい?その辺の地面に吸い込ませるといいのかな?

灯油は油に分類されるので決してそういったことをしてはいけません!

古い灯油が残っていると新しい灯油は買うことができないので、どうしても少量でも余った灯油を捨てる必要があります。

今回は余った灯油が少量の場合の捨て方の5つの注意点について解説しています。




少量でも余った灯油は正しい捨て方をしてから新しいものを買う

少量でも余った灯油は正しい捨て方をしてから新しいものを買う

基本的にボイラーなどがない家庭では冬以外に灯油を使うことはほぼありません。

冬灯油を多めに買っていた家庭などでは、季節の変わり目に突然気温が上がった時などには消費する事も難しいと思います。

余った灯油に新しい灯油を継ぎ足して買ったりする人もいるでしょう。

次の季節に古い灯油に重ねて新しい灯油を買うのは厳禁です。

混合灯油(不良灯油)となってしまい、ファンヒーターなどの暖房機器が壊れてしまう可能性も。

夏の気温は30度以上まで上がるので、いくら灯油を冷暗所に保存していても1年の間に品質の変化が起こってしまいます。

品質の変化があった灯油をストーブなどに入れたときは、点火できず白い煙が上がるのが特徴です。

さらに「不良灯油をストーブなどに使用して故障した場合は保証対象にはならない」点も注意が必要です。

余った灯油は少量であっても必ず正しい捨て方で捨てることをおすすめします。

それでは余った少量の灯油の捨て方を注意点とともに見ていってみましょう。



余った少量の灯油を捨て方と注意点➀新聞紙

余った少量の灯油を捨て方と注意点➀新聞紙

余った灯油の量が少量の場合には、捨て方として最も簡単な方法としては「新聞紙に吸わせて燃えるゴミに出す」という方法が最も簡単です。

新聞紙に灯油をしみこませた後に、漏れてくるのを防ぐために何重も新聞紙で包みなおしてごみ袋に入れます。

余った灯油が少量だと新聞紙での捨て方を使えますが、量が多い場合にはこの新聞紙での捨て方は使うことができません。

いくら新聞紙があってもとても足りませんからね・・・。

注意するポイント

燃えるゴミ袋に入れて捨てる単純作業ですが、灯油を含ませた新聞紙は別の燃えるゴミ袋に入れましょう。

燃える可能性があるもの(タバコ吸い殻など)が入ったごみ袋には入れると、万が一の可能性として引火する恐れがあります。

余った少量の灯油の捨て方と注意点➁不用品回収

余った少量の灯油の捨て方と注意点➁不用品回収

余った灯油の量が少量ではなく大量にある場合には、不用品回収してくれる業者に出すことでも処分できます。

業者にもよりますが、有料であればほとんど灯油を引き取ってくれます。

もちろん少量の場合でも問題ありません。

場合によって料金が発生する場合がありますので、事前に料金を確認してから捨てるようにしましょう。

ただ、不用品回収の業者もいつ来るかわからない場合が多く、灯油を出し忘れる人も多くいます。

注意するポイント

必ず事前に料金を確認してから渡しましょう。

2020年5月年現在では、法外な値段を請求する業者も多いため、トラブルになる可能性があります。

余った少量の灯油の捨て方と注意点➂ガソリンスタンド

余った少量の灯油の捨て方と注意点➂ガソリンスタンド

ガソリンスタンドには廃油処理施設と呼ばれるものがあります。

余った灯油の量が多い場合にはガソリンスタンドでの捨て方が無難といえます。

料金が必要な場合があるかもわかりませんが、基本的に自分のガソリンスタンドで灯油を買ってもらう前提だと無料になるケースも多くあります。

もしも知り合いのガソリンスタンドがあるのであれば、余った灯油が少量大量に関わらず捨ててくれるでしょう。

お金を払えば整備工場などでも引き取ってくれるかもわかりませんね。

注意点

ガソリンスタンド以外の灯油販売店では引き取りはしていない場所が多いですので、事前に確認しましょう。

余った少量の灯油の捨て方と注意点⓸灯油が余りそうな時は近隣の人に分ける

灯油が余りそうな時ってわかりますか?

週間気温などをよく確認しているとわかりますが、気温が13度を上回るか下回るかで変わってきます。

来週から先10度を超える日が多いのであれば、灯油は不要という事ができるかもわかりません。

大量に余ってしまう前に灯油を近所の特に高齢の方に分けるといいでしょう。

時期にもよるのですが、きっと喜んでくれるでしょう。

注意点

近所に分けるタイミングが難しいことがちょっと・・・

余った少量の灯油の捨て方と注意点⓹土に埋める

余った少量の灯油の捨て方と注意点⓹土に埋める

自分の畑がある人であれば、土に埋めることもできます。

間違っても他人の畑や土に還してはいけません(笑)

オイルと違って残ることがなく気化する液体ですので、土に埋めた後に土をかぶせておくといいでしょう。

余った灯油の量が少量大量に関わらず使える捨て方になりますね。

注意点

野菜などを作っている土地の近くには捨てない方が無難です。

後にトラブルの原因となる場合があります。

もう使っていない畑などがある場合には、その畑に捨てるといいです。

灯油が少量余った場合の捨て方【まとめ】

ここまで灯油が少量余った場合の捨て方と注意点について解説してきました。

意外と灯油をどうやって捨てるといいのか悩む方も多く、少しでも手助けになれば幸いです。

それではここまでをまとめてみましょう。

少量余った灯油の捨て方と5つの注意点
  • 少量の灯油を新聞紙に含ませて燃えるごみに捨てる(捨て方に注意)
  • 不用品回収に出す(料金に注意)
  • ガソリンスタンドに持っていく(料金に注意)
  • 近隣の人に分ける(時期に注意)
  • 土の中に埋める(捨てる土地に注意)

でもこうやってみてみると、意外と単純な捨て方ばっかりだったような気がしませんか?

どれも地球にやさしい捨て方になりますので是非お試しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA