スポンサーリンク

スマホのストレージの意味は?減らす方法とメリットを解説!

iPhoneやスマホが流行するようになって数年経つのですが、その中でストレージという言葉を耳にしたことがある人は多く、あなたもその1人だと思います。

よくストレージという言葉が出てくるけど意味が分からない、とかストレージを減らす方法がわからないという方も多く、スマホやアイフォンを使って行く中で、知っておいたほうがいい言葉という事は間違いありません。

今回はストレージの意味とは何なのか?ストレージを減らすことによって起こるメリットなどについて解説していきたいと思います。

ストレージとは最近出てきた言葉の1つですが、難しい言葉でも簡単に考える事で理解する事ができますので一緒に考えていきましょう。

スマホのストレージの意味をわかりやすく解説!

ストレージの意味とは何なのかをわかりやすく解説!

ストレージとは、パソコンのデータを長期間保存しておく場所のことで、パソコンの電源を切ってもデータが消えない事はストレージがあるからといってもいいでしょう。

ストレージ自体が意味する事としては、あくまでも例えていうのであれば昔で言うキャッシュメモリという記憶装置と言ったところで、CDやDVDというのもデータを結果的には録音、または録画したものなのでストレージという事ができます。

スマートフォンでストレージという言葉を目にする機会が多くなったと思いますが、写真や動画を保存する際にSDカードを挿入している人であれば、写真や音楽を「SDカードに保存しますか?スマホ本体に保存しますか?」と問いかけてくると思います。

画像などの保存先がSDカードの場合はわかると思うのですが、「内部ストレージに保存する」は「スマホ本体に保存する」と同じ意味を指していると考えるとわかりやすいです。

ただしスマホ本体の保存領域に関しても、決して無限ではありません。

そこで最近では、ネットでつないだ先に情報を保管する「オンラインストレージ」や「クラウドストレージ」という言葉もあります。

内部ストレージの意味とは

内部ストレージとは、前にも説明している通りスマホ本体にあらかじめ備えられている保存場所と考えるといいでしょう。

2019年現在では、ユーチューブやカメラの高性能化、スマホ自体の高性能化などによって、1つのファイルの大きさが増えてしまって、内部ストレージ(スマホ本体の保存領域)だけでは満タンになってしまう事が非常に多くなっています。

そのような場合に外部ストレージやオンラインストレージを利用する事によって、さらに多くの動画や画像を保存できるようにする方法が今では一般的となっています。

スマホのメーカーもストレージの容量を増やすことを目的として開発は続けられているのですが、時代の流れとともにファイルの大きさも増えてきてスマホ本体の保存場所だけでは足りなくなっていることが実情と言えるでしょう。

外部ストレージの意味とは

外部ストレージとは、スマホに挿しているSDカードやUSBメモリと思ってもらえるといいです。

スマホ本体以外の記憶する場所のことを外部ストレージといいます。

取り外しができたり、持ち運びする事ができる点も大きなメリットとなります。

しかしSDカードにもいくつも種類があってどれを買うといいのか悩むこともしばしばあります。

16GBや32GB、64GBなどいくつも種類があるのですが、何を保存するかによってどれを選ぶかは大きく変わってきます。

ちょっとここで基礎知識

ちょっとここで基礎知識

ここでざっくりと説明しますが基礎知識を1つ(正式な数字がきちんとあります。)

  • 1000Kは1M(1000キロは1メガ)
  • 1000Mは1G(1000メガは1ギガ)
  • 1000Gは1T(1000ギガは1テラ)
  • となっています。

    コンピューターの世界では 単位をバイト(B)としてデータの大きさの単位として

    キロ⇒メガ⇒ギガ⇒テラ 

    という順番で大きくなっていきます。

    小学校の頃に習った㎝やmと同じように考えてもらうとわかりやすいでしょう。

    写真1枚の容量に関してはおよそ200キロバイトなので、例えば16GBのSDカードであれば、計算上最低でも80000枚は取れる計算となってきます。

    ※1枚が200キロバイト、つまり5枚で1メガバイト、5000枚で1ギガバイト、80000枚で16ギガバイト、となります。

    上記は計算がしやすいようにあくまでも例として200キロバイトにしていますが、動画などは物によっては1つあたり0.5GBなどになる場合もあります。

    とりあえずここでは単位を覚えてもらうだけでもいいと思いますので、計算はあまり気にしなくていいです。

    オンラインストレージ、クラウドストレージとは?

    内部ストレージ、外部ストレージに関しては「自分の手元にあるものに保存する」事ができますが、オンラインストレージの場合は「ネット接続先に保存する」と考えてもらうといいのではないでしょうか?

    クラウドというのは「雲」という意味なのですが、手に届かないところ(ネット上)に保存すると考えると覚えやすいです

    特徴としてはほぼ上限がないために、自分が好きなどんなファイルでも保存させることができる点です。

    オンラインストレージにはメリットとデメリットがあるのですが、ここではそういったものもありますよ。という紹介だけにしておきますね。

    内部ストレージが増えるとどういったデメリットがあるのか

    内部ストレージが増えるとどういったデメリットがあるのか

    ここではまず内部ストレージが増えるデメリットについて紹介していきます。

    パソコンにしてもスマホにしてもまず大きな影響と言えば、「動作が重くなる」「動作がテキパキ動かなくなる」と考えておくといいでしょう。

    最終的にはスマホが固まって動かなくなることはあるかもわかりません。

    壊れるという事はないにしても毎日のように使うことができないスマホやパソコンはストレスがたまって仕方ないといってもいいでしょう。

    特にSNSを頻繁に行う人や、音楽やユーチューブ動画などの「声」をスマホの保存することが多い人は常にストレージの容量に気を付けておいたほうがいいです。

    2018年頃のスマホからはストレージに容量が足りない場合には「警告」を出してくれることが多くなっています。

    定期的に不要なファイルや動画を削除していくようにしましょうね。

    ストレージを減らす方法とは?



    最も基本的な方法としては、スマホのブラウザのキャッシュを減らす方法が一般的とされています。

    キャッシュというのは、ネットを開いた時の履歴とでも言うべきでしょうか?

    画面は閉じたとしても、記録だけはスマホの中に残り続けるのでどんどんたまっていきます。

    キャッシュ削除という機能を使わないと、ほぼ消える事はないのでキャッシュ削除を定期的に行っていきましょう。

    注意点としてアプリを入れている場合には、アプリのデータが消えるなどの症状がでる事がありますので、アプリ内にあるキャッシュ削除機能を使うほうがいいです。

    ストレージの容量を減らす他の方法とは?

    他にもいくつかの方法があります。

    方法➀ 写真や動画を削除する(大事なものはバックアップ)

    方法➁ アプリを削除する(どんなアプリを入れているかわからない場合にはグーグルプレイのマイアプリ)

    方法➂ 不要なメールを削除する(スマホでは一括全削除はできないため一括で削除する場合にはパソコンでする)

    などがあり、基本的に本体からデータ量を減らすというのが大事な部分となります。

    ストレージが減るメリットとは?

    ストレージが減ることで、スマホがサクサクと動くことが1番に挙げられます。

    メリットとしては特にあるわけではありませんが、ストレージの容量が増える事によってスマホに影響が出てくることは間違いありません。

    ストレージは「設定」の中の「ストレージ管理」という画面から定期的に削除する事をおすすめします。

    ストレージの意味とは?

    【まとめ】

    ここまでストレージの意味について紹介してきました。

    ストレージとは場所のことを指している
    ストレージの容量は適度に削除が必要
    ストレージが増える=動作が遅くなる

    ストレージにデータがたまっていくことによって、スマホに障害が起こる事はどうしても避けたいですよね。

    ストレージがたまることは徐々に体をむしばんでいく病気のようにも感じます。

    ストレージの容量を減らす方法についても紹介してきましたので、暮らしの中でぜひ役立てればと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA