もつ鍋が体に悪いという理由は?プリン体はどのくらい?おすすめの具材や作り方も紹介!

もつ鍋が体に悪いという噂!プリン体はどのくらい?おすすめの具材や作り方も紹介!

最近肌寒い日が増えてきましたよね。

「そろそろ鍋にしようかな」と考える人が多いのではないでしょうか?

もつ鍋にはプリン体がたくさん含まれ、体に悪いといわれていますが結果的にデマのようです。

そんなもつ鍋を美味しく食べるために、おすすめの具材や作り方をご紹介します。

この記事でわかる事

・もつ鍋は体に悪いのか?
・もつ鍋に含まれるプリン体の量
・もつ鍋のおすすめの具材
・もつ鍋のおすすめの作り方




もつ鍋が体に悪いといわれる噂はホント?

もつ鍋が体に悪いといわれる噂はホント?

もつ鍋は「安い、美味しい、早い」ことで人気の庶民の料理です。

ビールとの相性がとても良いため、もつ鍋を食べながらビールを飲む人が多いですよね。

カロリーが低そうだし体によさそうですが、実はもつ鍋にはたくさんのプリン体が含まれています。

プリン体は普通、体内で分解され尿として体外に排出されるのですが、過剰摂取してしまうと体内に蓄積され痛風という病気になってしまいます。

美味しいからといって、冬場に毎日のようにもつ鍋を食べることは控えましょう。

もつ鍋が体に悪いという話は多くのプリン体が含まれている事からきていますが、適宜に食べる分には体に悪いという事はありません。




もつ鍋に含まれるプリン体はどのくらい?

もつ鍋に含まれるプリン体はどのくらい?

メニュー表にカロリーが記載されていることは多いのですが、プリン体の量について記載されているメニュー表は見かけたことはありません。

なので、もつ鍋によく使用される牛肉の部位と、含まれるプリン体の量について調べてみました。

下記のプリン体の量の表示は全て、100g当たりの㎎です。

ホルモンに含まれるプリン体の量

・マルチョウ    200~300㎎

・シマチョウ    200~300㎎

・レバー      219.8㎎

・ハツ       185㎎

・ミノ       83.9㎎

※マルチョウとシマチョウは、具体的なプリン体の量の記載を見つけることはできませんでしたが、プリン体の量が200~300㎎と一番多いことはわかりました。

モツの種類➀マルチョウ

牛の小腸です。

丸い筒状で提供されることから、名前が付けられました。

コテッチャンや、コプチャンと呼ばれることもあります。

別名の方が聞きなれている人がいるかもしれませんね。

プリプリして弾力があり、油が多い部位です。

たんぱく質・ビタミンB12・カリウムの栄養素が、豊富に含まれています。

モツの種類➁シマチョウ

牛の大腸です。

歯ごたえがあり、マルチョウよりも脂が少なくあっさりとしていて人気の部位です。

ビタミンB12・ビタミンK・亜鉛の栄養素が、豊富に含まれています。

モツの種類➂レバー

濃厚な味わいで柔らかい肉ですが、独特なニオイがします。

レバニラが好きな人は、たまらないでしょう。

たんぱく質・ビタミンB12・ビタミンE・鉄分の栄養素が、とても豊富です。

モツの種類⓸ハツ

心臓の肉で、肉好きの人の間ではとても人気が高いですよ。

コリコリとした食感で、淡白な味わいで知られています。

たんぱく質・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・タウリンの栄養素が、豊富に含まれています。

モツの種類⓹ミノ

胃の中で最も大きい、第1胃の肉です。

かなり噛み応えがあり、弾力がありますが淡白な味わいとなっています。

たんぱく質・ビタミンB12の栄養素が、豊富ですよ。

部位によって、含まれているプリン体が違うことがわかりますね。

食感が良く臭みが少ない、新鮮なモツを選ぶようにしましょう。

プリン体は水に溶ける性質がありますので、もつ鍋のタレをたくさん飲んではいけません。




もつ鍋のおすすめの具材

もつ鍋のおすすめの具材

もつ鍋に詳しい人ならわかりますが、私のようにあまり詳しくないと

「どんな食材を入れたらいいの?」

「定番の具材を入れるべき?」

と迷ってしまう人が多いのではないのでしょうか?

そのような人のために、もつ鍋におすすめの具材について以下にまとめました。

もつ鍋おすすめの具材

・キノコ

・しらたき

・にんじん

・ごぼう

・長いも・大和いも

・ツナ缶

それでは、それぞれについて見ていきましょう。

もつ鍋おすすめの具材➀キノコ

しめじ・えのき・まいたけなど、ご自身の好きなキノコを入れましょう。

たくさん入れると、ボリュームが出て満足感が得られるのでオススメです。

もつ鍋おすすめの具材➁しらたき

もつ鍋のタレとよく合います。

キノコと同様にたっぷりと入れると満足感・満腹感が得られます。

もつ鍋おすすめの具材➂にんじん

火が通りにくいので、早めに鍋に入れましょう。

もつ鍋の色どりが、鮮やかになりますよ。

もつ鍋おすすめの具材⓸ごぼう

もつ鍋の隠し味のために入れると知られています。

皮に近い部分に旨味がたくさん含まれているので、薄く皮を切りささがきにして入てください。

もつ鍋おすすめの具材⓹長いも・大和イモ

口当たりがよく、もつ鍋のタレの醤油味や味噌味をまろやかな味にしてくれます。

すりおろして入れましょう。

もつ鍋おすすめの具材⓺ツナ缶

もつ鍋のタレが熱すぎると、ツナが溶けてしまいます。

なので火加減には十分に注意をしてください。




ここまで紹介した具材は手に入りやすい食材(具材)です。

一般的なもつ鍋にアレンジを加えて、自分のオリジナルのもつ鍋にしていきましょう。




もつ鍋のおすすめの作り方

もつ鍋のおすすめの作り方

おすすめの牛肉の部位、具材がわかりましたが作り方は?と疑問に思いますよね。

なので、一般的なもつ鍋の作り方をご紹介したいと思います。

➀モツの下処理

➁スープ作り

➂モツを入れる

⓸具材を入れる

⓹煮込む

それでは、それぞれの工程を見ていきます。

➀モツの下処理

モツの臭みをとるため、塩で洗った後に小麦粉で洗いましょう。

下茹でをしてもよいのですが、モツの脂が必要以上に溶けてしまったり、加熱しすぎると縮んでしまうので注意が必要です。

➁スープ作り

鰹節や昆布で出汁をとります。

生姜やにんにくを加えておくと、モツの臭みを消してくれるのでオススメ。

醤油や味噌で味付けをしましょう。

➂モツを入れる

火が通るとアクが出てきてしまいます。

なので、数回アクを取りましょう。

アクが出なくなったら、一度火を止めます。

煮込みすぎると旨味成分が溶けだしてしまうので、注意してくださいね。




⓸具材を入れる

キノコ・しらたき・ごぼうなどのオススメの具材を入れる。

火が通りにくい具材から入れることがポイントです。

一番上に約7㎝幅に切ったニラを、横一列に並べてください。

最後に、適量で輪切りにした唐辛子と、白ごまをトッピング。

⓹煮込む

強火にかけて、しばらくの間煮込みましょう。

具材がしんなりとしてきたら、食べごろです。

食べるときは、中火にしておいてくださいね。

〆には、うどん・中華麺・ご飯がオススメですよ。




もつ鍋は体に悪い?【まとめ】

今回は、もつ鍋が体に悪いという噂!プリン体はどのくらい?おすすめの具材や作り方も紹介!についてまとめました。

もつ鍋が体に悪いという噂については以下のことがわかりました。

痛風の原因になる、プリン体がたくさん含まれている。

もつ鍋に含まれているプリン体の量は部位別で以下の通りです。

● マルチョウ・シマチョウ   200~300㎎
● レバー           219.8㎎
● ハツ            185㎎
● ミノ            83.9㎎

もつ鍋のオススメの具材は次の6つです。

● キノコ
● しらたき
● にんじん
● ごぼう
● 長いも・大和イモ
● ツナ缶

もつ鍋の作り方は以下の手順です。

1. モツの下処理
2. スープ作り
3. モツを入れる
4. 具材を入れる
5. 煮込む

もつ鍋はとてもおいしくて、寒い時期には食べたくなる鍋の一つです。

美味しいからと言って、食べ過ぎてはいけません。

食べる間隔をあけたり、違う鍋にしてみたりして体が悪くならないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA