パルスイートはカロリーゼロなのになぜ太る?糖質や成分について解説!デメリットについても!

ダイエットをするときに、カロリーや糖類を制限しようとする方が多いのではないかと思います。

パルスイートはカロリーも糖類もゼロだから、ダイエットに向いている!そう思っていませんか?

実は、パルスイートはカロリーも糖類もゼロなのに太ると言われています。

この記事では、パルスイートが太る理由や成分、デメリットについて解説しています。

パルスイートには糖類ゼロの「パルスイート」と、糖類とカロリーがどちらもゼロの「パルスイート カロリーゼロ」の2種類販売されています。

今回解説しているのは「パルスイート カロリーゼロ」についてです。

パルスイートがなぜ太るのか知りたい方は、ぜひご参考ください。




パルスイートで太る理由

パルスイートで太る理由

パルスイートは、糖類とカロリーがどちらもゼロです。

料理に使う砂糖をパルスイートに置き換えるだけで糖類とカロリーを簡単に減らすことができて便利ですよね。

ダイエットをするうえで、糖類は減らしたい栄養素であるはずです。

にもかかわらず、なぜ太ると言われているのでしょうか?

それはパルスイートの原材料である人工甘味料が原因だと考えられます。

詳しく解説していきましょう。

パルスイートで太る原因➀インスリンが分泌されやすくなる

パルスイートは糖類がゼロなので、血糖値の上昇が起きないと思っている方が多いかもしれません。

しかし、パルスイートの主成分であるアスパルテームがインスリンの分泌を促進させる働きがあります。

インスリンは脂肪細胞に糖質を入れ込むという働きがあるため、体脂肪が増えることに繋がります。

また、インスリンには空腹感が出るとも言われているので食べ過ぎにもつながってしまいますよね。

インスリンが分泌されることが、パルスイートで太ると言われる原因の一つなのではないでしょうか。

パルスイートで太る原因➁食欲が促進される

パルスイートは糖類がゼロなので、食欲が促進するということが太る原因の一つです。

いきなりですが質問です。

甘いケーキが目の前にホールであったとします。

あなたは全部を食べたいですか?

ほとんどの方は一切れで満足するのではないでしょうか。

それは甘いものを食べて血糖値が上がることによる満足感からきています。

もちろん胃が強い弱いなどの個人差はあるかと思いますが、糖というのは食べると血糖値が上がります。

このように、私たちは血糖値が上がることによって少なからず満足感が得られているのです。

しかし、パルスイートは糖類がゼロです。

味は甘いですが糖ではないので血糖値が上がりません。

つまり、血糖値が上がらないので満足感もない。

満足感がないのでついつい食べてしまうというわけです。

これでは、糖類を控えていてもダイエットの意味がありませんね。




パルスイートは直接的ではないが、間接的に太る

以上の2つの理由から、パルスイートは太ると言われています。

どちらもカロリーや糖類を食べているわけではないので、パルスイート自体が太るというわけではありませんよね。

しかし、満足感が得られないなどの理由からいつも以上に量を食べてしまうということに繋がってしまい太るのです。

よって、パルスイートが直接的に太るのではなく、間接的に太るということがわかりました。

パルスイートに置き換えることで罪悪感がなくなりがちですが、ダイエット中であれば食べ過ぎていないか気を付けるようにしたいですね。

パルスイートの糖質!糖質と糖類の違い

パルスイートの糖質!糖質と糖類の違い

パルスイートには糖類はゼロですが、実は少しですが糖質が含まれています。

糖質と糖類の違いは何でしょうか?

それぞれ解説していきます。

糖質とは?

糖質とは、炭水化物と呼ばれている物の食物繊維がない物のことを差します。

つまりは、炭水化物のくくりの中に糖質もあるということですね。

有名なもので言うと、でんぷん・糖アルコール・オリゴ糖などです。

パルスイートは糖アルコールが含まれているので、糖質はゼロではありません。

体の中での役割としては、エネルギーとして使われますが余分な分は体脂肪に変わります。

なので、糖質を摂りすぎると太る原因になります。




糖類とは?

糖類とは糖質の中に糖類が分類され、砂糖などの単糖類と二糖類の総称のことです。

大きな特徴としては、食後の血糖値を上昇させることが挙げられます。

砂糖などの甘いものを食べすぎると血糖値が上昇し、インスリンが分泌されてしまうので注意しましょう。

パルスイートには糖類は含まれていません。




パルスイートの成分

パルスイートの成分

パルスイートは糖類がゼロということで、どのようにして甘みを出しているのか気になりますよね。

ここからはパルスイートに含まれる人工香味料の成分について詳しく説明してきます。

パルスイートの成分➀アスパルテーム

アスパルテームは、アスパラギン酸とフェニルアラニンから作られた甘味料です。

アスパラギン酸とフェニルアラニンは、野菜や肉、魚などに含まれているアミノ酸です。

身近なものに含まれていると、安心して食べることができますよね。

砂糖によく似た甘味を持っています。

パルスイートの成分➁アセスルファムK

アセスルファムKは、お酢の成分からできた甘味料です。

いつもよく食べている方が多いであろう、お菓子やアイスクリームにも幅広く使われています。

加熱にも強いので、調理に使うのに向いていますね。

パルスイートの成分➂エリスリトール

エリスリトールは、トウモロコシのでん粉を分解してつくられた甘味料です。

果物の果実や、キノコなどの自然のものにも存在しています。

すっきりとした後味の良い甘みが特徴です。

パルスイートの成分⓸スクラロール

スクラロールは、砂糖から作られた甘味料です。

体内で代謝されることなく、ほとんど吸収されずに体の外へと排出されます。

そのため、カロリーがゼロです。

また、砂糖に比べて約600倍の甘味度があります。

パルスイートの成分⓹アドバンテーム

アドバンテームは、アスパルテームから作られた甘味料です。

乳製品や果物、ミントなどと組み合わせると、香りをよく香らせる効果があります。

砂糖と比べた時の甘さは、約30,000倍という甘味度です。




パルスイートのデメリットとは?

パルスイートのデメリットとは?

パルスイートは、料理に使う砂糖などに置き換えるだけで簡単にカロリーや糖類を減らすことができますよね。

しかし、パルスイートにはデメリットもあります。

それは、過剰摂取による健康被害の問題です。

パルスイートに含まれている人工甘味料のアスパルテームは、過剰摂取をすると以下の症状につながる可能性があると言われています。

パルスイートの過剰摂取による被害の恐れ
  • 不眠症
  • うつ病
  • 視力低下
  • 肝機能障害
  • 腎機能障害

このように、人工甘味料は体に悪影響を及ぼす可能性を持っているのです。

しかし、パルスイートは一般的に使用する量であれば安全性は認められています。

一日摂取許容量というものがあり、体重50㎏の人が毎日100g以上摂り続けてはいけないというものです。

日常生活で、ここまで大量に砂糖を使う機会はあまりないですよね?

あまり心配はしなくていいのではないかと思いますが、人工甘味料は自然のものでない添加物であることは事実です。

日頃からたくさんの量を使わなくてもいいような食生活を心掛けるようにして、うまく調節しましょう。




パルスイートで太る【まとめ】

ここまで、パルスイートで太る原因について解説してきました。

糖類やカロリーがゼロにもかかわらず、太るのには大きなからくりがありましたね。

それではここまでのまとめになります。

パルスイートは太る【まとめ】
  • 主成分のアスパルテームによって、インスリンが分泌されやすい
  • 食欲が促進される
  • 直接的ではないが、間接的に太る
  • 糖質とは、炭水化物の食物繊維を除いたもの
  • 糖類とは、砂糖などの単糖類と二糖類の総称
  • 過剰に摂取すると、健康被害が出る可能性がある

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が、パルスイートで太る原因について知りたいあなたのお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA