ポテチは太るうえに肌に悪い?ポテチのカロリーやなぜニキビの原因になるのかついて解説!

しょっぱいお菓子と言えばポテチ!というほど、ポテチはお菓子の王道ですよね。

お菓子としてでなく、お酒のおつまみとして好きな方も多いかと思います。

でも、ポテチは太るし肌にも悪いとよく言われていますよね。

その原因は何なのでしょうか?

この記事では、ポテチが太るうえに肌に悪いと言われている原因やカロリーについても説明しています。

ポテチを食べたいけど、健康的に気になる方は是非参考にしてみてください。




ポテチは太るうえに肌に悪い?

ポテチは太るうえに肌に悪い?

残念ながらポテチは、太る原因になる材料から作られているといっても過言ではありません。

美味しいものには毒がある、とよく言ったものですよね。

また、食べすぎると肌にも悪影響を及ぼすことがわかっています。

詳しく説明していきましょう。

ポテチで太る理由

ポテチが太りやすいと言われる理由は、糖質・脂質・塩分でできているからです。

ポテチの主な原材料であるジャガイモは、糖質です。

その糖質であるジャガイモを脂質である油で揚げています。

ポテチは聞きたくないほど太りやすい栄養素でできていることがお判りいただけたでしょうか?

また、ポテチには塩分もたくさん含まれています。

塩分は水分を含むので、むくんでしまいうため体重も増えて太ったように見えるのです。

糖質・脂質・塩分という太りやすい3つが揃っているために、ポテチは太ると言われているのでしょう。

ポテチが肌に悪い理由

ポテチが肌に悪いと言われる理由は、酸化した油を食べているからです。

あなたはポテチを食べるとき、揚げたてのポテチを食べていますか?

ちょっと食べたいときにわざわざ揚げて作る方はいないと思うので、「はい」と答える方はごくわずかだと思います。

ほとんどの方はコンビニやスーパーなどお店で購入したポテチを食べているのではないでしょうか?

お店で売られているポテチは作ってから時間が経っていますよね。

油というのは、時間が経つと酸化します。

そして酸化した油を食べると、体内で活性酸素が発生します。

この活性酸素は有害物質を攻撃してくれる役割があるのですが、正常な細胞に対しても攻撃をしてしまいます。

その結果、肌に炎症が起きてしまうのです。

時間や手間はかかりますが、自分でポテチを作って油が酸化する前に食べたほうがまだ肌には良さそうですね。




ポテチのカロリーはどれくらい?

ポテチが太りやすい栄養素でできているのは理解していただけたかと思います。

次に、カロリーが気になってくるのではないでしょうか?

ポテチが有名な会社と言えばカルビーですよね。

一般的に売られているポテチの1袋が約60gになるので、「カルビーポテトチップス うすしお味 60g」を例に説明していきましょう。

「カルビーポテトチップス うすしお味 60g」は、1袋で「336Kcal」になります。

成人の1日の目安摂取カロリー
  • 女性 2000~2500Kcal
  • 男性 2500~3000Kcal

この目安は日々の運動量によって大きく左右はします。

ですが、女性がポテチ1袋を食べたとしたら1日分の摂取カロリーの約1/5に相当します。

お菓子だけでこれだけのカロリーを摂ってしまうのは、やはり太る原因になると考えられますね。

ポテチのカロリーが太る原因ではない

ちなみにですが、カロリーが多くても必ず太るわけではありません。

ポテチが太る原因として糖質・脂質・塩分と言いました。

しかし、お肉や魚などタンパク質であればカロリーが高くても太りにくいです。

それは、体の中で使い道が大きく違うからです。

糖質・脂質は体内でエネルギーとして使われますが、過剰に摂取した分は体脂肪に変わります。

体脂肪に変わってしまうから太ると言われているのです。

対してタンパク質は、まず体内でアミノ酸に変わり筋肉のエネルギーとして使われます。

過剰に残った場合のアミノ酸は、排出されやすい性質を持っているうえに体脂肪に変わりにくいです。

そのため、タンパク質は太りにくいと言われているのでしょう。

カロリーは栄養素によって使われる場所が違います。

すべてのカロリーが太るわけではないので、安易にカロリーが高いから食べないということはやめましょう。




ポテチがニキビの原因になる理由

ポテチがニキビの原因になる理由

ポテチを食べるとニキビになるのは、ポテチの油によるものです。

肌に悪い理由でも説明しましたが、売られているポテチは作られてから時間が経過しています。

そのため活性酸素が発生し、肌に炎症を起こすということでしたね。

活性酸素もニキビができる原因の一つですが、ポテチに大量の油が使われていることも原因になります。

油が多い食べ物を食べると、人間は皮脂が多く分泌されます。

そうして多く分泌された皮脂によって毛穴が詰まり、ニキビができるというわけです。

油を摂っているわけだから、肌から皮脂が出てきてしまうというのはなんとなく想像できますよね。

ニキビは嫌だけどポテチを食べたい!そんな時は少しだけ食べるようにしましょう。




ポテチをアレンジする方法

ポテチをアレンジする方法

ここからは、ポテチをよりおいしく食べるアレンジ法を紹介します。

もちろんそのまま食べるのは美味しいですが、料理に少し加えるだけでとってもおいしくなります。

ぜひ参考にしてみてください。

ポテチのアレンジ➀白米にふりかける

これは、私が子供のころによく食べていたアレンジです。

作り方はとっても簡単。

好きな味のポテチを粉々にして、白いご飯に振りかけるだけ。

おすすめのポテチの味は、のり塩味です。

ほのかな海苔の風味と塩気が朝ごはんなどにぴったりです!

袋を開ける前に粉々にするだけなので、お子さんでも楽しく作れると思います。

いつものふりかけに飽きたときにおすすめです。




ポテチのアレンジ➁豆腐のトッピングに

いつもの冷奴に飽きたら、洋風にしてみるのはどうでしょうか?

作り方は、溶かしたチーズを豆腐にかけて砕いたポテチをトッピングするだけ。

おすすめのポテチの味は、コンソメ味です。

定番ではないですが、チーズ味があったら相性が抜群だと思います。

夕食のおかずやお酒のおつまみにいかがでしょうか。

ポテチのアレンジ➂スープのクルトン代わりに

コーンスープやオニオンスープにトッピングすると、クルトンのような触感でとてもおいしいです。

私はクルトンを買う機会があまりないので、食べたくなったらたまにポテチで代用しています。

即席スープにトッピングすると食べ応えがあっておすすめです。

時間が経つとふやけてしまうので、ふりかけるときは食べる直前にしましょう。




ポテチで太る?【まとめ】

ここまでポテチが太る理由について解説してきました。

1袋を一気に食べてしまうのは太る原因になり、肌荒れを起こしてしまいます。

食べるときは少しにするようにしましょう。

それではここまでのまとめになります。

ポテチで太る?肌荒れの原因にも?【まとめ】
  • 太る理由は糖質・脂質・塩分でできているから
  • 肌に悪いのは酸化した油を食べているから
  • ポテチのカロリーは1袋(60g)で336㎉
  • ニキビになる原因はポテチの油によるもの
  • 白米にふりかけとして食べる
  • 豆腐のトッピングとして使う
  • スープのクルトン代わりにする

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がポテチについて知りたいあなたのお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA