オリーブオイルを加熱すると発がん性物質が出る?加熱した場合の酸化や栄養についても解説!

アヒージョなどの料理によく利用されるオリーブオイルですが、オリーブオイルを加熱すると発がん性があるという噂を聞いた事がありませんか?

もしアヒージョやにんにくオイルが好きな方であれば、「エっ!」と思ってしまいますよね。

今回の記事では本当にオリーブオイルに発がん性があるのかかどうかについて書いてみました。

この記事では

・オリーブオイルを加熱したら発がん性物質は出るのか?
・オリーブオイルを加熱したときの栄養について
・オリーブオイルは加熱に強いのか?
・オリーブオイルを加熱したらどんな効果があるのか?

について解説しています。

オリーブオイルの発がん性に関して詳しく知りたい方は、是非ご参考にされてください。




オリーブオイルを加熱すると発がん性物質がでる?

オリーブオイルを加熱すると発がん性物質がでる?

結果から言えば、オリーブオイルを加熱すると発がん性物質は出ます。

油は加熱したら酸化するからです。

オリーブオイルも油の1種なので、加熱すると当然酸化しますが、オレイン酸というものが含まれているため他の油と比べて酸化しにくいと言われています。

つまり1度に多く使わない限りオリーブオイルを加熱したときの加発がん性物質については気にしなくて大丈夫です。

どうしても気になる方は、正しい保管方法も注意されるとより効果的になります。

オリーブオイルの正しい保存方法は?

日頃からオリーブオイルを熱や光に当てるのは良くありません。

直射日光と熱と光を避けて常温で保管しましょう。

そして高温多湿にならない風通しの良い場所に置くようにしてください。

高温多湿の意味が分からない時はこちらの記事をどうぞ

未開封で保管方法が良ければ、オリーブオイルは品質が安定しているので品質を損なうことなく長期保存が可能です。

もしも買ったオリーブオイルが透明な瓶なら、紫外線を防止するためアルミホイルで包むことも1つの方法になります。

コンロ周りにオリーブオイルを置くのは熱くなるので注意しましょう。

また、10℃以下ではオリーブオイルが固まってしまうので冷蔵庫に入れるのはダメです。

蓋を開けたら酸化が進んで味も落ちてしまうので、あまり長く保管しないよう早めに使ってしまう事をオススメします。

保管の方法を間違えるとせっかくのオリーブオイルが台無しになってしまうので気を付けましょう。




オリーブオイルは加熱に強い?

オリーブオイルは加熱に強い?

オリーブオイルは加熱に強い油です。

実は、オリーブオイルは190℃の熱まで耐えられるのでお料理に十分使えます。

また、オリーブオイルの発煙点は210℃です。

発煙点とは「油を火にかけてから煙が出始める温度のこと」で通常フライを揚げる温度は約180度と言われています。

そのため酸化しにくく、揚げ物にもオリーブオイルはオススメです。

ただオリーブオイルは他の油と比べて安くないので、揚げ物に使う人は少ないでしょう。


オリーブオイルを加熱すると栄養は?

オリーブオイルを加熱すると栄養は?

オリーブオイルを加熱しても栄養は失われにくいです。

理由は、オリーブオイルには酸化や熱に強い成分が含まれていて加熱の影響を受けにくい特徴があります。

また、オリーブオイルには3つのビタミンが多く含まれています。

オリーブオイルに含まれる栄養
  • βーカロチン
  • ビタミンE
  • ビタミンK

上記3つのビタミンに共通するポイントは「加熱に強い」「強力な抗酸化作用」があることです。

なので、揚げ物や炒め物でオリーブオイルを使っても栄養にそれほど影響はありません。

オリーブオイルを加熱した場合の効果は?

オリーブオイルは加熱に強い?

オリーブオイルを加熱しても体への健康効果はなくなりません。

オリーブオイルの栄養素の中にはポリフェノールというものがあり、加熱したら120℃で60%、170℃でも25%残っています。

ポリフェノールの効果として具体的には以下のようなものがあります。

ポリフェノールによる効果
  • 抗酸化作用があり、酸化や老化を防いでくれる
  • 動脈硬化を予防する
  • 美肌を保つのに欠かせないコラーゲンの生成を促進する

また、オリーブオイルに含まれるオレイン酸は熱に強く、炒め物や揚げ物の加熱では効果が低下することはありません。




オリーブオイルを加熱した場合【まとめ】

ここまでオリーブオイルの発がん性や栄養、効果について解説してきました。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸のおかげで、発がん性物質については気にしなくて良いことがわかりましたね。

健康をより気にしている方なら、使っている油を全てオリーブオイルに変えてみてはいかがでしょうか?

それではここまでのまとめになります。

オリーブオイルは体に悪い?【まとめ】
  • オリーブオイルを加熱すると発がん性物質は出るが気にしなくていい
  • オリーブオイルに含まれるオレイン酸は熱に強い
  • 熱と光を避けて風通しの良い場所に常温で保管する
  • 蓋を開けたら酸化が進み味も落ちてしまうので早めに使い切る
  • オリーブオイルには3つのビタミンと強力な抗酸化作用がある
  • オリーブオイルは190℃の熱まで耐えられるので揚げ物にもおすすめ
  • オリーブオイルの栄養素であるポリフェノールは120℃で60%、170℃でも25%残る

この記事がオリーブオイルを普段よく使う方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA