電球の40Wと60Wの違いとは?40Wに60Wは使える?LED電球での明るさの違いについても解説!

今ではどこの家庭にも使われている電球ですが、いろいろな種類があるのはご存知ですか?

電球にはワット数とい
うのが使われていますが、ワット数の違いとは何でしょうか?

40Wの電球を使っているところに60Wは使えるのでしょうか?

この記事では、40Wと60Wの色々な疑問や電気代の違いや明るさの違いについて解説しています。




電球の40Wと60Wの違いとは?

電球の40Wと60Wの違いとは?

40Wの電球と60Wの電球の違いとは、明るさの違いではなく消費電力の違いになります。

消費電力の違いは明るさの違いとは異なり、決して60Wの方が明るいとは限りません。

40Wの電球が60Wの電球よりも基本的に安くなっています。

なぜ2種類の電球があるのでしょう。

一般家庭では、使えるW数というのは限られています。

家庭で電気を使いすぎるとブレーカーが落ちますよね。

ブレーカーは電気の使いすぎによる火災を防ぐための安全装置でもあります。

そのためトイレなどの明るい電気が必要ないところには40Wの電球をつけるように設計されていたりします。

もちろん電気代をそれだけかかるので、コストの削減にもつながっているわけですね。

40Wの電球が付いてるところに60Wも使える?

多くの人が疑問に思うことでしょう。

40Wと60Wを間違えて買ってきてしまう事も多いもの。

40Wのところに60Wは付けれるのでしょうか?

実は付ける事ができる場合があります。

40Wと60Wの違いは消費電力の違いなので、ほとんど明るさは関係ありません。

つけられるソケット側に〇〇Wまで対応と書いてある場合がほとんどです。

「60Wまで」と書いてあるのであれば、付ける事ができます。

40Wまでと書いてあるのに60Wを付けた場合は?

ソケットに書いてあるW数を超えても、点くことは点きます。

しかしいろいろな危険性があるのも事実です。

最も多いのは早く切れる場合ですが、まれに火災や割れなどが起こる場合もあります。

できるだけW数にあった電球を付けるようにしましょう。

普通の電球をLED電球に変える場合はどの電球でも大丈夫?

普通の電球をLED電球に変える場合はどの電球でも大丈夫?

今使っている電球が40Wだとしましょう。

それをLED電球に変える場合はどのLED電球を買うといいのでしょう?

単純に消費電力が40W以下であれば、どのLED電球でも口金さえ合うと付け替える事ができます。

LED電球は一般の電球と違い、40Wも消費電力がいくことが珍しいのでほとんどは付け替えられると考えていいでしょう。

ただLED電球のデメリットもあるので紹介しておきましょう。

LED電球のデメリット
  • 価格が高い
  • 真下は明るいが広がりが劣る
  • 密閉器具に使えないものもある
  • 風呂場に使えないのもある
  • 調光器がついているものには使えない




LED電球の明るさの違いや電気代の違いは?

LED電球の明るさの違いや電気代の違いは?

LED電球の場合には、明るさの単位はルーメンというもので決まります。

635ルーメンなどという表記がされており、もちろんルーメンが高いほど価格も上がります。

消費電力を気にせずに自分が好きなものを買うといいでしょう。

こちらに目安となる明るさについて記載しておきます。

LED電球を選ぶ際のルーメンの目安(電球)
  • 100型=1520ルーメン
  • 60型=810ルーメン
  • 40型=485ルーメン
  • 25型=230ルーメン
LED電球を選ぶ際のルーメンの目安(丸管)
  • 4.5畳=2200~3000ルーメン
  • 6畳=3000ルーメン程度
  • 8畳~10畳=3300ルーメン




ここまで簡単ではありましたが、40Wと60Wの違いについて解説してきました。

40Wと60Wの違いは明るさではなく消費電力の違いという事がわかりました。

消費電力の違いだけで明るさ自体はそこまで変わりません。

それではここまでをまとめてみましょう。

電球の40Wと60Wの違いとは?【まとめ】
  • 40Wと60Wの違いは消費電力
  • 40Wの電球の代わりに60Wを付ける事もできる
  • LED電球に変える場合はほとんど変える事ができる。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

皆様の素朴な疑問にお答えできれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA