除草剤を雨の日に撒くと効果は?種類や最適なタイミングを解説!

夏になると必ず生えてくる雑草に悩まされている方も多くいるのではないでしょうか。

庭や家の周りなどたくさん生えてくる雑草を手で取るのはとても大変な作業ですよね。

雑草が生い茂っていると景観もよくありません。

楽に草を刈るために使うのが除草剤ですが、雨の日に撒くと効果はどうなるのでしょうか?

この記事では、雨の日に除草剤を撒いた場合の効果や除草剤を撒く最適なタイミングについて解説しています。

除草剤について知りたい方は是非ご参考にしてみてください。




除草剤を雨の日に撒くと効果はどうなる?

除草剤を雨の日に撒くと効果はどうなる?

除草剤を雨の日に撒いたことがあるという方は多くないと思います。

種類によって雨の日でも撒ける除草剤はありますが一つ注意点があります。

雨の日に除草剤を撒くと雨で流され本来の効果が現れず周りの花や植物までを枯らしてしまう可能性があります。

ですので、雨の日には出来るだけ除草剤は撒かないようにしましょう。

除草剤を撒く最適なタイミングとは?

除草剤を撒く最適なタイミングとは?

除草剤を撒くタイミングは

「晴天で風のない日に除草剤を撒く」

のが最適なタイミングといえます。

除草剤には大きく分けて液体と粒剤の2種類がありそれぞれ除草剤を撒くタイミングは異なります。

使う除草剤が最も効果があるタイミングを選びましょう。

液剤のタイプ「茎葉処理型」を撒く最適なタイミング

液剤の除草剤には即効性に優れていて茎や葉から吸収して枯らす効果があります。

晴れた日で風のない日に撒くのがベストなタイミングです。

粒剤タイプ「土壌処理型」を撒く最適なタイミング

粒剤の除草剤には即効性はないのですが、これから生えてくる雑草を予防するという効果があります。

土の水分などで溶けるので雨が降った後に撒くのがベストなタイミングです。




除草剤を撒くのは草を刈ってから?刈った後?

除草剤は草を刈る前に撒くと考えている方も多いでしょう。

しかし除草剤のタイプによっては草を刈った後に撒くほうが効果が出るものもあります。

タイプ別でみていきましょう。

粒剤の除草剤を撒く場合

土に撒き土や根から枯らすので草を刈った後、大きく成長する前に撒くのがとても効果的です。

雑草が1m以上の時は除草剤を撒いても浸透するのに時間が掛かり効率が悪くなります。

即効性はありませんが雑草を生やしたくないという方は粒剤を使うといいでしょう。

枯れた後に雑草の処理をしなくて済むので刈ってから除草剤を撒いたほうが楽かもしれません。

液剤の除草剤を撒く場合

粒剤とは違い即効性があり、雑草の草丈が15センチ以下の雑草は刈らずに液剤の除草剤を撒いても効果が現れます。

除草剤を使いたいけど種類が多くどの除草剤を使ったらいいの?と悩んでいる方もいると思います。

おすすめの除草剤を紹介していますので是非ご参考にしてみてください。




オススメの除草剤をご紹介!

オススメの除草剤をご紹介!

ホームセンターに行くと多種多様な除草剤があり何を使えば良いか迷ってしまいますよね。

除草剤を選ぶ時のポイントとしては「種類」「農耕地用」「非農耕地用」「面積」 で選ぶといいでしょう。

農耕地用とは農作物にも使用できる除草剤で庭や畑に使用できます。

非農耕地用とは農作物には使用できない除草剤で主に公園や、道路などに使用します。

オススメな除草剤5選!

➀根まで枯らす除草剤(希釈タイプ)【非農耕地用】

しっかり雑草を駆除でき頑固なスギナなどにも効く安価でコスパに優れているのがオススメです。

ホームセンターでも1本あたり250円程度で売られているので、手に入りやすい商品です。

ただし法律で農地に撒くことは禁止されています。

➁サンフーロン除草剤(希釈タイプ)【農耕地用】

広範囲500mlで300坪にも使えて6時間で吸収するという優れもので初心者の方にもオススメです。

広範囲に撒く際は噴霧器使用すると効率もあがります。

➂超速効除草剤(そのままシャワータイプ)

天然由来の成分を使用しており、小さなお子さんやペットのいる家庭にも安心して使えるというのがオススメです。

舐めても天然由来成分の為害にならないのが特徴です。

ペットの犬や猫を外で放し飼いしている方にはおすすめの除草剤になります。

⓸頑固な雑草用除草剤(顆粒タイプ)

タンポポ、イネ、ススキなど頑固な雑草にとても効果的な除草剤でしっかりと枯らすというのがオススメポイント。

⓹芝キープ(粒剤)

名の通り芝生用の除草剤でスギナを3週間で枯らし、効果が3カ月も持続するという点でオススメです。

以上5つがオススメの除草剤になります。

雑草をすぐ枯らしたいのか、生えてくる雑草を予防するのかによって使う除草剤は異なりますのでよく確認しましょう。




除草剤を雨の日に撒く効果【まとめ】

ここまで除草剤を撒くタイミングやおすすめの除草剤について解説してきました。

ここまでいかがでしたでしょうか?

除草剤のことをあまり深く考えた事がありませんでしたが、雨の日は除草剤の効果が薄れるので避けた方がいいということがわかりました。

夏の季節は除草剤を使う事が多いと思いますので少しでも参考にして頂けてたら嬉しく思います。

ここまでのまとめになります。

除草剤を雨の日に撒く【まとめ】
  • 除草剤には2種類があり撒くタイミングは異なる
  • 雨の日に除草剤を撒くと効果が薄れる
  • 農耕地用、非農耕地用があり使える場所が限られる
  • 液体除草剤は、葉から吸収あれ即効性がある
  • 粒剤除草剤は土に撒くので即効性はないが持続する

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA