丹田呼吸法のやり方やコツは?どんな効果?吃音者に試してほしい呼吸法

あなたは丹田呼吸法という言葉を聞いた事がありますか?

丹田呼吸法とは丹田(へそのあたり)で呼吸する方法を指し、別名複圧式呼吸法とも言います。

この記事では、丹田呼吸法のやり方やコツ、効果について解説しています。

特に吃音持ちの方にはおすすめできる呼吸法となっていますので是非ご参考にされてください。




丹田呼吸法のやり方とコツと効果

丹田呼吸法のやり方とコツ

丹田呼吸法の場合は普通の呼吸と違ってゆっくりと深く呼吸する事が特徴です。

丹田呼吸法をする事によって、精神が落ち着くなどの効果があります。

通常であれば、私達は胸式呼吸というものをしています。

丹田呼吸(腹式呼吸)をする事によって精神を落ち着かせるため、ヨガの世界でも広く取りいれられています。

精神が落ち着くという事は筋肉の緊張も和らげられます。

そのため、本来緊張する場面等で緊張を抑える事ができます。

吃音持ちの方などには特に効果的です。



丹田呼吸のやり方

丹田呼吸法をする時の手順は極めて単純です。

➀背筋をキレイに伸ばす

➁お腹に両手を当てる

➂脱力感がでるまで息を深く吐き出す(お腹がへこむ)

⓸息を精いっぱい深く吸い込む

⓹脱力感が出るまで息を深く吐き出す。(お腹がへこむ)

⓺3回ほど続ける

以上のようにすることは単純ですが、深呼吸と違う点は先に息を吐く事が重要です。

丹田呼吸法のやり方のコツ

丹田呼吸法のやり方のコツ

どうしても緊張してしまうと、呼吸が早くなってしまいます。

同じように丹田呼吸法をしている時も呼吸が早くなってしまい、丹田呼吸法にはなりません。

丹田呼吸法のコツは「とにかくゆっくり」する事がコツです。

実際に私も試してみたところ、一時的に吃音が出なかった経験もあります。

個人差はあるものの、自分自身が丹田呼吸法をする事で吃音が出なくなるという自覚が持てれば成功です。

毎回ではあるものの丹田呼吸法をする事で、吃音の回数を減らす事ができます。



丹田呼吸法のやり方やコツは?【まとめ】

ここまで簡単ではありましたが、丹田呼吸法のやり方とコツについて解説してきました。

丹田呼吸法は3つのポイントがやり方のコツといえます。

丹田呼吸法やり方のコツ
  • 最初に吐く
  • お腹がへこむまで吸い込む
  • とにかくゆっくり丹田呼吸をする

ぜひ吃音者や緊張しやすい人、あがり症の人などにお試しいただきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA