信号無視の罰金はいくら?信号無視の危険性について解説!

信号無視の罰金はいくら?信号無視の危険性について解説!

あなたが車を運転する人であれば、1回ぐらいは経験した事があると思う信号無視。

信号無視をよくしてしまうパターンとして「焦り」「見落とし」が圧倒的に多いと言われています。

特に赤の点滅信号とか・・・。

信号無視をする理由はいろいろあるのですが、あなたは信号無視の危険性を知っていますか?

この記事では、信号無視の危険性や罰金について解説しています。

信号無視の危険性や罰金について疑問をお持ちの方は是非ご参考にされてください。




信号無視の罰金と点数はいくら?

信号無視の罰金と点数はいくら?

あなたがもし車を運転するのであれば、安全運転派?危険運転派?のどちらでしょう。

信号無視をする理由はあるにしても交通違反になるのはご存知ですよね?

交通違反の罰金と点数は

車種に関わらず「違反点数は2点」です。

罰金は車によって6000円から12000円となっています。

点滅信号の信号無視の場合は5000円から9000円と少し下がっています。

点数は2点とはいえども、1年に3回違反したとなると免停になるレベルなので注意したいところですね。

信号無視の危険性とは?

信号無視の危険性とは?

信号が赤だと「止まる」ことは車に乗っている人であれば常識として知っているでしょう。

知らない人はおそらくいないと思います。

なぜ信号が付いているのか?

「交差点での衝突事故を防ぐ」ために付けられています。

「点滅信号はその場所で事故が起こる可能性が高い」ために付いています。

片方が止まることによって、片方が衝突することなく進むことができるのも信号のおかげでしょう。

しかしどちらかが信号無視をしてしまう時点で、事故が起こる可能性というものはでてきます。

個人のに考え方によりますが、

「黄色信号から赤信号に変わりそうでも行く」

「黄色信号から赤信号になりそうだから止まる」

あなたはどちらでしょうか?

後者の場合だとおそらく信号無視をする事はないかと思いますよね?

しかしその時点でスピードが出ていたらどうでしょう?

止まることなく信号無視をするでしょう。

私が教える信号無視をしないポイント!

私が教える信号無視をしないポイント!

信号無視をする人は「黄色になってもまだ行ける」「先を急ぐ」のどちらかです。

後者の方は人間の心理によるものなのでどうしようもありません。

ただ前者の方は「自分の意思で防ぐことができます」。

イエローストップという言葉を聞いた事がありますか?

信号が黄色になった時点で止まる行為を指します。

※ただしあまりにスピードが出ている場合に急停止すると追突されます。

ポイントは「歩行者信号」を見る事によってイエローストップをする事ができます。

歩行者信号が赤であれば、自動車用信号も黄色になるので減速して黄色で止まる事ができます。

状況によっては難しい事もありますが、是非実践してみてください。

安全運転ドライバーとして認識される日も近づくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

皆さんこんにちは! 令和元年より、生活に役立つ豆知識をモットーにブログを運営しています。 皆さんが元気が出るような記事を提供したいと考えていますのでよろしくお願いします。