家にあるものでできる!絵の具の落とし方【歯磨き粉を使った方法】

小学生くらいの子どもがいると、絵の具を洋服につけて帰ってくることってありますよね。

重曹や漂白剤など、いろいろな道具を使った絵の具の落とし方はたくさん出てきます。

でも、そんな掃除用具が家にないこともありますよね。

絵の具汚れは、ついてからすぐに落とすことが大切です。

子どもが帰ってくる頃には、すっかり絵の具が固まって服にこびりついていることも…。

子どもが帰ってからはできるだけ早く洗いたいものです。

そこで、家にある道具だけでできる簡単な絵の具の落とし方をご紹介します。

使うのは、歯磨き粉

読んだらすぐに始められます!

歯磨き粉を使った絵の具の落とし方

歯磨き粉を使った絵の具の落とし方

実は歯磨き粉を使って、絵の具の汚れを落とすことができるんです。

ところで掃除をするときは、汚れや洋服の種類にあわせた方法を選ばなければいけないですよね。

今回の歯磨き粉を使った落とし方は絵の具汚れにあった方法です。

ただし絵の具の種類によっては、この落とし方があわない場合もあるので確認していきましょう。

絵の具の種類を確認?水彩絵の具ならOK!

小学校などでは水彩絵の具がよく使われています。

水彩絵の具は基本的に2種類で、透明水彩・不透明水彩に分かれます。

今子どもたちが使っている絵の具は、その2つの要素を掛け合わせた半透明水彩というタイプになっていることが多いです。

半透明水彩(マット水彩)
水の量によって透明にしたり不透明にしたりできる絵の具のこと

商品名でいうと、

ペンてる エフ水彩

サクラクレパス マット水彩

などのことです。

今回は、この半透明水彩絵の具をメインに解説していきます。

透明水彩や不透明水彩の場合でも、水彩絵の具なら基本的に同じ落とし方で大丈夫です。

⚠︎アクリル絵の具や油絵具の場合は、手順などが変わってくるので個別で調べてみてください。

歯磨き粉を使った絵の具の落とし方!【手順】

使っている絵の具が水彩絵の具かどうか確認ができたら、早速初めていきましょう。

※この方法で必ず綺麗になることをお約束することはできません。試される方は自己責任でお願いします。

歯磨き粉を使った水彩絵の具の落とし方

①40〜50℃程度のぬるま湯に汚れた部分を浸し、洗濯洗剤で洗う。

ここで絵の具以外の服についた汚れを落とします。

②汚れた部分に歯磨き粉をつけ、歯ブラシで擦る。

繊維が弱い服の場合は、歯ブラシで強く擦りすぎないように気をつけてください。

③水で洗い流し、石鹸で揉み洗いする。

②〜③を2、3回繰り返す。

もし②〜③を2、3回繰り返してもあまり落ちなければ、他の方法を試した方がいいです。

とはいっても、ここまですればかなり落ちると思います。

水彩絵の具は乾ききるとどんどん落ちにくくなっていくので、とにかく早く洗ってしまうのがポイントですね。

なんで歯磨き粉で絵の具汚れが落ちるの?

なんで歯磨き粉で絵の具汚れが落ちるの?

それにしても、どうして歯磨き粉で絵の具汚れが落ちるのか不思議じゃないですか?

それは、歯磨き粉が研磨剤・発泡剤の成分を持っているからなんです。

研磨剤には汚れた部分を削って磨き上げる効果が、発泡剤には泡で汚れを浮かせて落としやすくする効果があります。

上記の歯磨き粉を使った絵の具の落とし方は、クレンザーなどに置き換えてもできます。

でもクレンザーがわざわざ家にないって方もいると思うので、歯磨き粉でできるのは嬉しいですよね。

歯磨き粉を使った絵の具の落とし方【まとめ】

子どもがいると洋服が汚れて帰ってくることはしょっちゅうですよね。

今回は、歯磨き粉を使った絵の具の落とし方をご紹介しました。

ポイントは、水彩絵の具であることできるだけ早く落とすことです

歯磨き粉など家に必ずあるものだと、追加で買う必要がなくて家計にも優しいですよね。

いまあるもので出来るだけ絵の具汚れを落としたいという方は是非試してみてください。

とはいえ、汚れてもいい服をきてもらう方が安心ですけどね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA