コーヒーで塩分排出!高血圧予防にバナナとのコンビ最高!

塩分の排出はコーヒーで!さらに〇〇とコンビで高血圧にも効果的!

普段食べているものの中、結構塩分って使われていますよね?

普段気にしていない人でも、塩分を摂りすぎた時の対策として知っておきたいもの。

それはコーヒーを使って塩分の排出を促す方法です。

え?どういう事?と思われた方もいるでしょう。

この記事ではコーヒーで塩分の排出をする方法の他に、高血圧気味の人に効果的な組み合わせについて解説しています。




体の塩分の排出がコーヒーでできる?

体の塩分の排出がコーヒーでできる?

体が塩分を摂りすぎた場合には、いろいろな症状が出てきます。

まず「のどが渇く」のと「血圧が上がる」が有名でしょう。

どうやってコーヒーで塩分を排出するのでしょうか?

簡単です。コーヒーを飲むといいのです。

コーヒーには尿の回数を増やす作用があり、ある意味頻尿状態になります。

しかし量の回数が多くなることにより、体の余計な塩分を排出する事ができるため健康的とも言えます。

高血圧で悩んでいる方は「バナナ」と「コーヒー」で血圧を下げる事ができます。

どうして?
  • バナナに含まれるカリウムが余計な塩分を排出する
  • コーヒーは利尿作用があるので、余計な塩分を排出する

さらにコーヒーに同量の豆乳を混ぜて飲むことで、「ソイラテ」と呼ばれる飲み物に変わり効果が上がります。

豆乳に含まれている大豆サポニンは強力な抗酸化作用の為、高血圧の改善効果があります。

コーヒーに豆乳を混ぜる事で血圧を下げる効果があり、コーヒーによって食事で摂りすぎた塩分を排出します。

つまり高血圧の人にとっては好都合というわけです。

食後のコーヒーは意味があった事だったんですね!

塩分を排出する食べ物はどんなものがある?

塩分を排出する食べ物はどんなものがある?

塩分の排出を促してくれるカリウムはどんな食べ物に含まれているのでしょうか?

※腎臓に障害がある人はカリウムを摂るといけません。

最も多く含まれているのはほうれん草で「552㎎」も含まれています。

魚や海藻類についても多くのカリウムが含まれています。

ただし全般的に「茹でる」とカリウムが多く失われてしまいます。

調理法は「焼く」「蒸す」などがおすすめの調理法になります。

ジャガイモや大豆にも多く含まれています。

先ほどコーヒーに豆乳を混ぜるといいという話をしましたが、大豆にも多く含まれているので効果的という事ですね。

1日に摂る塩分の目安はどのくらい?

1日に摂る塩分の目安はどのくらい?

1日に摂る塩分の目安として厚生労働省が定めているのは「男性7.5g未満」「女性6.5g未満」とされています。

もちろん腎臓病な度の方ではもっと下がります。

インスタントラーメンを食べる方では1日に倍以上の塩分を摂っていると考えられるでしょう。

インスタントラーメンに関する記事はこちら

インスタントラーメンは体に悪い?賞味期限切れを食べるとどうなる?

仮に塩分を摂りすぎていると感じたとしても、適切に排出できるといいので排出の方法について考えてみましょう。

塩分の排出はコーヒーで!【まとめ】

ここまで塩分に排出をコーヒーでする事について解説してきました。

コーヒーは普段飲んでいる人ほど高血圧にはなりにくいとも考えられますね。

まとめ
  • コーヒーには利尿作用があり、塩分の排出を助ける
  • コーヒーと豆乳、バナナの組み合わせは高血圧に最適
  • ほうれん草はカリウムを多く含む
  • カリウムは余計な塩分を排出してくれる

カリウムを摂る事でも塩分が多く排出されますので、是非カリウムが含まれる食べ物も食べましょう。

高血圧が気になる人はぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA