砂ずりはどこの部位?あの食感の理由は?他の珍しい部位も紹介!

お肉コーナーで意外と安い値段で販売されている砂ずりですが、中にはコリコリ食感が好きという人もいるでしょう。

お酒を飲まれる方であれば、砂ずりの塩こしょう炒めはお酒のおつまみの鉄板ともいえます!

砂ずり大好きな人であれば、毎日食べても飽きません。

実は私は砂ずりが大好きで毎日食べても飽きないほどです。

味に「くせ」がない上に、砂ずりの歯ごたえ自体がヤミツキになってしまう人も多いほど、鶏の部位的には特徴がある部位といえます。

砂ずりを食べている人の中には、どこの部位になるのかな?と気になる人もいるでしょう。

今回は砂ずりという言葉自体は知っていても、どこの部位か知らない人の為に解説していきたいと思います。

実際どこの部位か知ってしまうと、食べるのを避けてしまうような部位かもわかりませんが、一緒に調べていきましょう!




砂ずりは鶏のどこの部位になる?人間にもある?

砂ずり 部位 どこ

砂ずりは鶏のどこの部位になるのでしょうか?

砂ずりとは、鶏の首の下の部分の食べ物を溶かす胃袋、正式には「筋胃」と呼ばれる部位です。

鶏には食道という器官がないため、食べたものは直接胃袋へと送られていきます。

鶏の口の中を1回でも見た事がある方はわかるかもわかりませんが、鶏には歯が全くないため、鶏は食べ物をかみ砕くことなく、そのまま丸飲みにします。

鳥類においては全般的に歯がない鳥が多く、鶏の場合も胃袋で消化・吸収をしています。

胃袋の中には餌と一緒に食べた砂や石がたまっています。

鶏が「コケコッコー」と声を出す「のど」の部分の近くと考えてもいいでしょう。

鶏の内蔵といえば内臓になりますが、砂ずりと呼ばれる部位を持っているのは鶏ぐらいです。

人間が食べる事ができる部位で貴重な部位といえるかもわかりませんね。

鶏の場合には、首の下に胃袋があるわけではなく首の途中に胃袋があると考えておくといいでしょう。

多くの動物の場合は人間の場合もそうですが、のどがあって食道を通った後に胃袋が存在しています。

のどがあってすぐに胃袋があるというのも鶏の特徴的な部分といえるでしょう。


砂ずりのあの歯ごたえはどうしてでるの?

砂ずりのあの歯ごたえはどうしてでるの?

砂ずりの歯ごたえは非常に特徴的で、部位的に硬すぎるわけでもなく柔らかすぎるわけでもなく、噛んだ感じがちょうどいい感じの硬さです。

鶏の胃というのは、胃の壁自体が非常に厚い事が食べた時の歯ごたえとなっていると言われています。

鶏の胃袋にも前の部分と後ろの部分とあるのですが、この後ろの部分にあたる部位が砂ずりとなっています。

鶏の場合には砂や石を当たり前のように食べるので、どうしても胃袋が厚くないと生きていけないのでしょう・・・。

砂ずりの他においしい鶏の珍しい部位はどこ?

砂ずりの他においしい鶏の珍しい部位はどこ?

砂ずりの他にも鶏には珍しい部位がありますのでいくつか紹介しておきますね。

食べてみる事ですごーくおいしい部位はどこか見つける事ができるかも知れませんよ?

ぼんじり

時々スーパーなどで販売されている鶏の部位として「ぼんじり」があります。

ちょっとこれはどこか場所を聞いてしまうと結構食べるのを敬遠されがちな部位になります。

好きだと思って食べる人は部位がわかっていても食べるものです。

知らない人はどこの部位か知らないほうがいいかもわかりませんね・・・。

食べた感じはシュワ―と柔らかい感じで、塩コショウというよりは「たれ」をつけて食べるのがおいしい部位になりますね。

でもあまり焼きすぎると、真っ黒に焦げ焦げになってしまう部位でもあります。

せせり

かなり販売されるようになってきたので、あまり珍しくない部位かもわかりません。

せせりは鶏の首の肉の事で「ネック」と呼ばれている場合もあります。

食べた感じは柔らかい鶏肉のようですが、脂がのっていることが特徴的で時には筋が入っていたりする事もあります。

脂分が気にならない方であれば、柔らかくて食べやすい部位になり、砂ずりと正反対といってもいいでしょう。

【まとめ】砂ずりという部位はどこの部位?

ここまで砂ずりの部位はどこかということについて紹介してきましたが、胃袋というのは意外でしたね。

鶏の胃袋だからこそ独特の特徴的な食感が生まれてくるのかもしれません。

砂ずりは他の肉にはないような食感を持っている部位と言ってもいいでしょう。

例え、鶏のどこの部位であってもおいしく食べる事ができるのであればどこの部位でもいい!

というのが結果的な考え方となる人も多いでしょう。

もしもまだ砂ずりを食べたことがない人は是非1度食べてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

皆さんこんにちは! 令和元年より、生活に役立つ豆知識をモットーにブログを運営しています。 皆さんが元気が出るような記事を提供したいと考えていますのでよろしくお願いします。