いきなり停電したら?やる事は4つだけ!停電時の対処法を解説!

いきなり停電したら?やる事は4つだけ!停電時の対処法を解説!

2020年5月3日のゴールデンウィーク真っ最中に九州北部は突然の雷雨に見舞われました。

夜だったのですが、すごい雷がゴロゴロ鳴り始めて停電しました。

幸いすぐに復旧したのですが、もしずっと復旧しなかったら・・・と考えると怖いです。

そこで、停電したらやる事について書き残しておこうと思います。

この記事では

  • 突然停電したらやる事としては?
  • 停電したらどういう対処をするべきなのか?
  • 停電する理由にはどのようなものがあるのか?

について触れています。



いきなり停電したらまずやることは?

いきなり停電したらまずやることは?

停電するケースには雷など災害時の場合と、何らかの理由で停電する場合があります。

両方に共通するケースもありますが、災害時の停電に重点をおいて解説しています。

停電したらまずやること➀チェックは大事!

いきなり停電した場合には、雷などの災害時でもまずチェックする必要があります。

自分の家の周りの電気関係の街灯や他の家をチェックして停電かどうか確認しましょう。

単純に電気の使いすぎやネズミ被害などで、ブレーカーが落ちているだけの場合もあります。

もしブレーカーを上げてもすぐに落ちる場合には「漏電」「使いすぎ」が考えられます。

いくつかコンセントを抜いて再度ブレーカーを上げてみましょう。

まだ電力会社が停電を把握していないと考えられる場合は電力会社に連絡しましょう。

停電時の連絡先一覧(引用:アストモス)

逆に雷などの停電で電力会社が停電を把握している場合は連絡しても意味はありません。

停電したらやること➁ブレーカーも落としたほうがいい

落雷に備えて家中のコンセントを抜くという人がいます。

行動としては家電製品を守る最もいい行動でしょう。

ただそんな暇ないよ!という人はブレーカーだけでも切っておきましょう。

災害などで停電した場合には、基本ブレーカーは落ちていません。

まだ上がった状態のままなので、電気復旧時の電気製品の故障を防ぐためにブレーカーは落としましょう。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

停電の時はブレーカーを落とすのが正解?その理由とは?

停電の時ブレーカーを落とすメリット!防ぐことができる2次災害とは?

2019年12月22日

停電したらやること➂ただ待つのみ、情報を収集する

停電したらやること➂ただ待つのみ、情報を収集する

夜間に停電したら周りに何があるのかがわかりません。

むやみに動くことで怪我をしたり物にぶつかって壊したりしますので、動く場合は懐中電灯などを使いましょう。

常に懐中電灯は決まった場所に置いておくようにしておくとベストです。

スマホのライトを使う人も多いと思いますが、停電はまだ続くかも知れません。

スマホの充電切れに注意しましょう。

ラジオなどがあれば情報も収集できますので心にも余裕が出てくると思います。

停電したらやること⓸災害時の備品を確認しておく

停電したらいつ復旧するのかははっきりとはわかりません。

もしも長い期間停電から復旧しない場合を考えて、防災用の備品を確認しておきましょう。

夜間の停電は明かりがないと動けないので、日頃からある場所を把握しておきましょう。

停電したらあると便利なモノ
  • 懐中電灯(決まったところに置いておく)
  • 電池式か手動充電式のラジオ(情報は大事
  • カセットボンベ(料理はコレで)
  • カセットコンロ(料理はコレで)
  • 水やお湯でできる非常食(食べなきゃ!)
  • 新聞紙(冷蔵庫に巻く、溶けにくい)
  • ランタンなどの照明(ローソクは危険)

他にもあるかも知れませんが、今思いついた分ではこのくらいでしょうか。

停電する原因や復旧する時間にはどれくらいかかるのか?

停電する原因や復旧する時間にはどれくらいかかるのか?

停電する原因には災害による停電と外的要因による停電があると言いました。

特に停電が多い災害として「雷」がありますよね。

順番に見ていきましょう。

雷で停電したら復旧にはどれくらいの時間が?

突然雷が「バリバリっ」と音がなった瞬間に停電はよく起こりますよね。

実はその瞬間には「安全装置」が作動していると考えていいでしょう。

電柱や送電線に雷が落ちた場合には、自動的に一瞬電気が流れない仕組みになっています。

そのため一瞬だけ停電したとしても、数分後には復旧します。

しかし雷で電線が切れた場合には根本的な原因が改善されないと停電は復旧しません。

そのため長い時間停電に見舞われ、数時間かかかる場合がほとんどです。

台風で停電した時は長い時間の停電が?

台風で停電した場合には、雷による停電よりも「物が電線に引っかかる」という点が心配されます。

物が電線に引っかかって停電した場合には、雷のような安全装置ではなく原因が「物」になりますので停電が続く場合があります。

いきなり停電したら?やる事は4つだけ!【まとめ】

ここまで突然停電したらやる事について解説してきました。

停電したらやる事4つについて振り返ってみましょう。

停電したらやること
  • 周りが停電しているか確認する
  • ブレーカーを落とす
  • あまり動かない
  • 災害時の備品を確認する

ちょっと私思いましたが・・・あまりぱっとしない記事になっていると思いました。

なんかね・・・こう・・・やることって「周りの確認」ぐらいでいいんじゃない?という感じで・・・。

でも停電した時にラジオは大事ですよ。

スマホも情報が入りますが充電が長くは続かなかったりしますからね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA