感動する偉人の名言は?どんな意味なのかについて解説!

【自分を変えたい!】偉人の名言の意味を解説!人生に転機が来るかも?

世界には日本も含めて多くの偉人がいます。

偉人というのは大きな成功をおさめた人という事ですが、偉人が言った言葉が時に「名言」となることもあります。

以前相田みつをさんの言葉について同じような記事を書いています。

もしよかったら読んでください。

【更新予定あり】ナットク!相田みつをの感動名言を意味も踏まえて解説!

相田みつをの名言の意味をランキング形式で紹介!心に響く名言はどれ?

2019年12月15日

この記事では元気が出るような言葉、前を向ける言葉に的を絞って意味も解説しています。

この記事の中の言葉があなたの精神的な面をほぐしてくれると嬉しいです。

意味については私の見解ですので、ご了承ください。




世界の偉人の名言にはどんな言葉がある?その意味とは?

世界の偉人の名言にはどんな言葉がある?その意味とは?

世界中の偉人という事ですが、もちろん日本も含まれています。

それでは偉人の名言について見ていってみましょう。

どのような意味があるのかがわかると非常に自分の中で変わる物があるかも知れません。

偉人 デニス・ウェイトリーの名言

「人生にはふたつの選択肢がある。その状況を受け入れるか状況を変えるための責任を受け入れるのか」

私は「おーなるほどー」と思ってしまいました。

名言の意味を解説すると、人生を生きていく上での状況というのは様々なものがあります。

状況を変えた場合に、自分で状況を変えた責任をとるのか、とらずに状況を受け入れるのか?という意味です。

わかりやすく説明しましょう。

➀いろいろな理由はありますが、高校に行くのがとても嫌になりました。

高校なので周りから何と言われても自分の判断で中退する事も可能です。

ここで嫌な高校に行くのか?中退してその後の人生に自分で責任をとるのか?という事です。

➁営業の仕事をしていて会議などで「絶対にこのプランが成功する!」と自分が思いました。

しかし会議では自分は成功しないだろうと予想している別のプランに決まりそうになっています。

ここで周りの波に飲まれて状況を受け入れるのか?自分が発言してプランが変わった場合に責任をとるのか?

という事です。

➂結婚をしたけれどうまくいかない・・・離婚したい。

でも子供が3人もいる。

子供のために今の状況を受け入れるのか?離婚して自分で3人を育てるのか?という事です。

パターンとしては多い方だと思います。

この格言の「状況を変える」という言葉はいろいろな状態があります。

離婚するのか、学校をやめるのか、仕事をやめるのか・・・など自分の状況に応じて考えてみてください。

世界の偉人というのはいい言葉を言いますね・・・。

偉人 上杉鷹山の名言

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も。何事も成らぬは人の偽さぬなり」

多くの人が知っている言葉でしょう。

名言として有名ですが、どのような意味があるのでしょう?

  • 為せば成る☞やればできる
  • 為さねば成らぬ何事も☞やらなければ何も始まらない
  • 何事も成らぬは人の為さぬなりけり☞何もできない人はやろうと思っていないから

という意味になります。

この名言を私なりに変えてみました。(勝手に(笑))

「やればできる。やろうと思わないと何も始まらない。できないのは努力が足りないから。」

どんなに難しい事でも努力する事でできるようになると意味でしょう。

まあ「総理大臣になりたい」などの大きなことは努力しても0.1%以下の確率でしょうが・・・。

この名言の意味としては多くの事に関して「努力する事で成功する」という事を教えてくれていますね。

偉人 松下幸之助の名言

どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。今現在に最善を尽くすことである。

パナソニックの創業者の松下幸之助さんが残した言葉です。

多くの人が知っている偉人の1人といってもいいでしょう。

非常に頼もしい言葉だと私は思います。

どんなに悔いても過去は変わりません、確かそうです。

ただ重要なのはここでどう前向きに持っていくかだと思います。

過去を悔いてションボリしている暇があれば前を向きなさい!という意味です。

クヨクヨしても過去は変わらないのと同じように、未来も決まっているので変わることはありません。

ただ私は大事なこととして、状況によりますが「努力で未来は変える事ができる」と考えています。

努力をするのはいつかというと「今」しかありません。

今日努力するのか、明日努力するのか・・・やがて大きな差へと変わっていくでしょう・・・。

今現在の状況に最善の方法を尽くせるように努力するようにしましょう

偉人 ジュディー・ガーランドの名言

「他の誰かではなく自分自身の最高を目指すべきである」

誰かと比べられる事を気にする人には、いい名言だと思います。

特に競争をする場合などに他人のことをすごく気にする人がいます。

私の場合もそうですが、営業の仕事などでよく他の社員のことを気にしていました。

「あいつ、いくら売り上げたかな・・・?」などと言うように。

しかしこの名言では「自分自身の」という言葉がありますよね?

「人は人、自分は自分」という意味の名言だと考えていいでしょう。

「人の事を気にしたところで何も変わらない、自分の努力をする事が重要だ」という意味だと私は思います。

人のことを気にする人はある意味「ひがみ」が入っていると考えてもいいでしょう。

人のことを気にすることなく自分自身の最高や成功を目指してみませんか?



偉人 野村克也監督の名言

失敗と書いて成長と読む

先日亡くなられた野村監督の名言です。

仕事で大きな失敗をして上司からこの言葉を言われるとなんだか安心します(笑)

意味を説明する必要がないかもしれませんが、失敗は成長に必要な事という意味です。

同じ意味の言葉に「失敗は成功のもと」という言葉があります。

失敗した時は確かに落ち込みます、特に取り返しがつかない失敗をした時は「うつ状態」並みになります。

しかし私的には「その失敗がないと後で大きな失敗をしていたかもしれない」と考えるようにしています。

人間ですのでいろいろな失敗することはあります。

しかしその失敗の尻拭いを自分でする事で、さらに成長する事ができます。

中には上司などの力を借りる時があるかも知れません。

ただその失敗は間違いなく経験となりますので安心してください。

(もちろん一時的に落ち込みますが・・・)

そんな落ち込んだ時は「どんまい!」と自分に言い聞かせましょう(笑)



偉人 アインシュタインの名言

「挫折を経験したことがない者は、何も新しい事に挑戦した事がないという事だ」

今までに何も挫折をしたことがない人というのはほぼいないでしょう。

若い時ほど挫折に直面する機会が多くなり、特に若い時ほど挫折しやすく歳をとるほど挫折が少なくなります。

若い時というのは「挑戦」のチャンスで、逆に若い時しか「挑戦」できないとも言えますね。

この名言の意味は「新しい事に挑戦する」事は「挫折」がつきものだとも考えられます。

新しい事に挑戦する際には「挫折するから乗り越える覚悟をしておけ」という意味だと私は思います。

もしも今あなたがまだ若いのであれば、挫折する事を覚悟して挑戦してみてはいかがでしょう?

「神は乗り越えられる試練しか与えない」

偉人 ナポレオンの名言

「リーダーとは希望を配る人のことである」

リーダーは団体において必ず存在するものですよね。

部活動であればキャプテンだったり、仕事では課長部長などの現場監督みたいなものです。

この名言の意味は、リーダーとは周りに指示をするだけでなく希望を与える事が重要だという意味です。

希望というのは、その人がそこにいる喜びを与える事だと私は思います。

なぜあなたがそこに必要なのか?という事を教えるのもリーダーの役目だと私は思います。

状況によって「希望」という意味に違いがあります。

あなたがもし今リーダーであるならば「希望」は何なのか考えてみてはいかがでしょうか?

【自分を変えよう】偉人の名言に隠された意味を解説!【まとめ】

ここまで偉人の名言について意味を解説してきました。

言葉というのは読むのは簡単でも、中に含まれる意味について調べる人はあまりいません。

ここまで紹介してきた名言についてまとめてみましょう。

まとめ
  • 人生にはふたつの選択肢がある。その状況を受け入れるか状況を変えるための責任を受け入れるのか
  • 為せば成る、為さねば成らぬ何事も。何事も成らぬは人の偽さぬなり
  • どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。今現在に最善を尽くすことである。
  • 他の誰かではなく自分自身の最高を目指すべきである
  • 失敗と書いて成長と読む
  • 挫折を経験したことがない者は、何も新しい事に挑戦した事がないという事だ
  • リーダーとは希望を配る人のことである

偉人というのは、相手をフォローするような名言を多く残していると私は思います。

この偉人の名言をバネにして自分自身を変えられるよう頑張りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA