バナナが便秘解消に逆効果?実際のところはどうなのか調べてみた!

バナナが便秘解消に逆効果?実際のところはどうなのか調べてみた!

スポンサーリンク

バナナが便秘に効くという話を聞いた事がありませんか?

バナナは食物繊維が豊富だから便秘解消にはもってこい!ともよく言いますよね?

でも実はバナナを食べる事で便秘が解消どころか、逆に便秘になってしまうという話も・・・。

この記事では

  • バナナを食べると便秘になるという逆効果の話は本当なのか?
  • バナナの食べすぎで便秘になってしまうのか?
  • 寝る前にバナナを食べると便秘になりやすいのか?

という事について解説しています。

バナナが便秘に逆効果になる場合とはどんな時?

バナナの食べすぎで便秘になるという話はホント?

バナナが便秘の効果がある、とされている理由として食物繊維を含んでいるからと言われています。

よく学校でも子供のころにバナナを毎日食べなさいと聞いた記憶があります。

多くの場合の便秘はバナナを食べる事で解消する事ができるでしょう。

しかしバナナが逆効果になってしまう便秘として、いきんでも出ない場合や残便感がある場合の便秘は食物繊維が逆効果と言われています。

いきんでも便が出ない場合や、残便感がある場合の原因が体が冷えている事にあるためです。

対処法としては飲み物などで、逆に体を温めると便が出やすくなります。

同じようにヨーグルトや牛乳なども便秘の効果的とされていますが、体を冷やすことで起こる便秘には逆効果といえますね。

寝る前にバナナを食べると便秘解消になる?それとも便秘になる?

寝る前にバナナを食べると便秘解消になる?それとも便秘になる?

寝る前にバナナを食べると逆効果で便秘になったという話を聞いた事がありませんか?

寝る前にバナナを食べる事で便秘になるという話はまずありません。

バナナには「セロトニン」というストレスを軽減してくれるホルモンの他、ビタミン類が豊富に含まれています。

不眠症に効果があるかと言われると厳しい部分がありますが、いつもより安眠できる事は間違いありません。

バナナを寝る前に食べると便秘解消になるかという話ですが、寝ている間というのは整腸作用が強く働くため便秘の解消にはもってこいです。

寝る前にバナナを食べた次の日の朝は便秘解消も期待できます。

食物繊維が豊富に含まれている分、水溶性食物繊維と脂溶性食物繊維が両方とも多く入っています。

2つの相互作用によって強い整腸作用をもたらし、悪玉菌の増殖を予防して腸を正常な状態に保ってくれます。

バナナの食べすぎで便秘になるという話はホント?

バナナの食べすぎで便秘になるという話はホント?

バナナを食べすぎる事で便秘になるという話もあります。

適度に食べる分は問題ないですが、たくさんの量を食べすぎると便秘ではなく下痢をする恐れがあります。

バナナにはカリウムが多く含まれており、カリウムを摂ってはいけない人(例えば腎臓病の人)などは要注意でしょう。

普通の人でも1日2本が適正なのに対して、5本などを毎日食べていると太りすぎるどころか高カリウム血症になる恐れも出てきます。

さらに尿石の原因となるシュウ酸も多く含まれているため食べすぎには要注意です。

バナナを食べすぎると便秘とは程遠くなりますが、それ以上のデメリットがあるといえるでしょう。

バナナは便秘にいいというけど実は逆効果という噂もある?【まとめ】

ここまで簡単ではありましたが、バナナが便秘に逆効果なのかという事について解説してきました。

結論としてほとんどの場合はバナナが便秘に効果的だという事がわかりました。

ただし、「便がいきんでも出ない」「残便感がある便秘」の場合には逆効果になるようなので、バナナでの便秘解消は避けておきましょう。

寝る前にバナナを食べる事で便秘解消にはさらに効果的になるという事もわかりました。

バナナを毎日適度に食べる分は問題ないですが、食べすぎには注意しておきましょう。

便秘どころか下痢などに悩まされることになるかも知れませんよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA