2人のじゃんけんで相手に勝つ確率は2分の1?勝つ確率を上げるには?

じゃんけんで相手に勝つ確率は2分の1?相手に勝つ方法も紹介?

生まれてから今日までに、じゃんけんをしたことがないという人はほぼいないでしょう。

子供がよっぽど小さければ話は別ですが、大事な部分では「じゃんけん」で勝敗を決める事が多々あります。

しかし中には本来存在するはずのない「じゃんけんに強い人」という人が存在します。

本当に「運がいい人」なのでしょうか?それとも「じゃんけんで勝つ方法」を知っているだけなのでしょうか?

この記事では「じゃんけんで勝つ確率」「じゃんけんであいこになる確率」「じゃんけんで負ける確率」「勝つ方法」について紹介していきたいと思います。

※数学的な考えを抜きにして解説しています。

私の考えを基に書いていますのであまり参考にならないかもですよ(笑)




じゃんけんで勝つ確率は?

じゃんけんで勝つ確率は?

じゃんけんとは「グー」「チョキ」「パー」の3つの組み合わせで勝敗が決まるものです。

自分が勝つ手を出す確率は3分の1、相手が負ける手を出す確率は3分の1。

3分の1同士をかけると・・・つまり1撃で相手に勝つ確率は9分の1となります。(数学的な考えではありません)

よく考えるとこちらが勝つ手を出す時に、相手が負ける手を出してくれないと「あいこ」か「負け」となります。

1回のじゃんけんで勝つ確率が9分の1なので、毎回9分の1で抽選されています。

10回じゃんけんをした場合に、10回全部勝つには確率が90分の1にはならず「9×10乗」分の1になるという事です。

9の10乗なので・・・3486784401/1という事ですね・・・天文学的な数値です。

じゃんけんでいつも勝つ人とは?

じゃんけんでいつも勝つ人とは?

じゃんけんでいつも勝つ人とはどうやって9分の1の確率で買っているのでしょうか?

ただ運がいいだけ、と持っている人もいると思いますが、実は勝つ法則があるのを知っていますか?

2人のじゃんけんで相手に勝つ法則とは?

人間というものは面倒くさい事を嫌う生き物です(特に私)。

最初はグーで始まるじゃんけんですが、いざ大事な場面になると「パー」を出したがります。

どうして「パー」なのか?

出すのに手を握るなど面倒くささを必要としないからです。

写真を撮る時など、こぶしを握ってくださいねーと言われた時に「微妙に面倒くさい」と感じたことがありませんか?

「グーを出すのがちょっと面倒くさい」と感じている人は「間違いなくパーかチョキ」を出します。

ただ何回もじゃんけんをしている相手には「クセ」があります。

つまりこっちがチョキを出すと勝つか最低でもあいこ勝負という事になります。

あいこの次の2回目になると、もうわかりませんのでもう一回チョキを出してみてください(笑)

じゃんけんで相手を惑わす方法とは?

じゃんけんで相手を惑わす方法とは?

相手とじゃんけんをする時に前もって「私パー出す」と言ってみてください。

相手は戸惑ってしまって「グー」もしくは裏をとって「チョキ」を」出してくるでしょう。

するとこちら側としては「グー」を出すと勝つかあいこで終わるでしょう。

じゃんけんで相手に勝つ確率は3分の1?相手に勝つ方法【まとめ】

ここまでじゃんけんの確率と勝つ方法について紹介してきました。

あくまでも私の考えを書いたにすぎませんが、いろいろ調査をして書いた記事であることは間違いありません。

ただ絶対に勝てるかというと自信はなくしますが、最終的には運が味方をするといえます。

しかしほとんどの人は最初に「グー」を出すことは少ないでしょう。

ポイント

じゃんけんで勝つ確率は9分の1で、1回で相手に勝つには最初にチョキを出すことが重要です。

面白半分で書いた記事ではありますが、あなたがじゃんけんに勝つことができれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

皆さんこんにちは! 令和元年より、生活に役立つ豆知識をモットーにブログを運営しています。 皆さんが元気が出るような記事を提供したいと考えていますのでよろしくお願いします。