スポンサーリンク

チャイルドシート義務は何歳まで?付けていない違反による罰則とは?

子供を車に同乗させている時に、決まった年齢ではチャイルドシートの義務があるのをご存知ですか?

子供の年齢に応じて義務となっているチャイルドシートですが、チャイルドシートをしていないばかりに事故を起こした時に子供が犠牲になる交通事故も少なくありません。

実際チャイルドシートに乗せていても子供が嫌がって仕方ないという言葉を聞くのですが、チャイルドシートをしていないばかりに・・・とならない事も・・・。

子供が犠牲になる交通事故は後を絶たないですが、見ているこちらとしても親の心情を察するととても心が痛く感じます。

しかし、中にはチャイルドシート着用が義務となっている子供の年齢を知らない親も多く、何歳までがチャイルドシートで、何歳までがジュニアシートの適用年齢なのかを知っている人は多くはありません。

もちろん「交通違反」としてパトカーや白バイに止められた人もいるのではないでしょうか?

今回はチャイルドシートを義務として着用しなければならないのは何歳から何歳までなのかについて紹介していきたいと思います。

※ジュニアシートに関しては、チャイルドシートほど付けている人が多くないので記事には書いていません。

チャイルドシート着用は何歳までが義務となっているのか?

チャイルドシート着用は何歳までが義務となっているのか?

2000年の道路交通法改正により、一定の年齢の子供に関してはチャイルドシートの義務が決まりました。

チャイルドシートが義務となった背景には、交通事故の際に同乗していた小さい子供が死亡してしまうケースが多く、残された親はたまったものではありません。

少しでも子供の死亡を減らそうと義務化されたチャイルドシートですが、6歳未満の子供全てが着用義務となりました。

つまり生まれてすぐの赤ちゃんの場合にはほとんどは親が抱いていると思うのですが、どうしてもやむを得ず車に乗せる場合にはチャイルドシートに乗せる必要があります。

何歳から何歳までという問題ではなく、6歳未満全ての子供がチャイルドシートを着用する義務があることを知っておきましょう。

まだ年齢が低い時には素直にチャイルドシートに座ってくれているのですが、3歳や4歳などになると徐々にわがままを言い始めて座ってくれなくなります。

それでもチャイルドシートはきちんとつけて座らせておかないと大変なことになってしまうかもわかりません。

チャイルドシートが義務なのに付けなくてもいい条件とは?

チャイルドシートが義務なのに付けなくてもいい条件とは?

中には6歳未満の子供でもチャイルドシートを付けていない子供がいます。

どうしてでしょうか?

例外としていくつかありますので順に説明していきましょう。

  • 子供を緊急で病院に連れていくとき、または迷子を連れていくとき
  • 乗車定員内でチャイルドシートを付けると全員が乗れない時
  • チャイルドシートを病気や怪我で付ける事ができない時
  • 授乳やおむつ替えをする時(運転者以外)
  • 座席にどうしてもチャイルドシートを固定できない時
  • などがあります。

    しかし少々面倒ではありますが、チャイルドシートをしていることによって安心感を得る事ができるのも確かです。

    子供がチャイルドシートに座っていないと違反になる?

    チャイルドシートを付けていないと違反になる?

    子供がチャイルドシートに座っていない場合には、交通違反となり点数が1点加算されてしまいます。

    反則金や罰金等はないのですが、免許不携帯とは異なり点数に関係する違反となりますので、免許更新の時に違反者講習となることは知っておきましょう。

    ちなみに免許不携帯は点数が加算されませんので違反者講習にはなりません。

    基本的に事故につながると、大事故になる可能性があるため警察は捕まえますのでその点はご了承してくださいね。

    チャイルドシートは何歳までが義務?【まとめ】

    ここまでチャイルドシートは何歳までが義務なのかについて解説してきました。

    6歳を過ぎていても、子供の安全を考えるのであればチャイルドシートを着用させておくといいかも知れません。

    しかし6歳ともなると・・・大きくなってきますし素直に乗ってくれている事はほぼないですよね・・・。

    少しでもこの記事を読んで「未来を背負った子供が犠牲になる交通事故」が減るといいなあと心から思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA